« インフォトップ:新90日で1億儲ける奇跡の馬券術 | トップページ | 【限定販売】当たる馬gician! »

前場概況―― 米国株安・円高進行で全面安

 25日前場の東京市場は反落。米国株の急落を受けて大幅安となった。業種別では、空運のみが上昇。その一方で、石油石炭、保険、金属製品、輸送用機器、鉄鋼などが値下り率上位となった。売買代金上位は、新日鉄、任天堂、みずほ、トヨタ、三菱UFJ、三菱重など。
 
 米国株安、円高進行を受けて全面安となった。日経平均は寄り付き直後に17800円を割り込み、一時270円下落する場面もみられた。日経平均は小高く寄り付いた後、上げ幅を拡大。

一時100円超上昇し、18200円台を回復する場面もみられた。東証1部の値下がり銘柄数は1376(全体の79.5%)で、規模別株価指数は全て下落。国際優良株が軒並み安となったほか、原油価格の下落を受けて石油関連の下落も目立つ。

詳しくはこちら

|

« インフォトップ:新90日で1億儲ける奇跡の馬券術 | トップページ | 【限定販売】当たる馬gician! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前場概況―― 米国株安・円高進行で全面安:

« インフォトップ:新90日で1億儲ける奇跡の馬券術 | トップページ | 【限定販売】当たる馬gician! »